妊娠中にTBCのスーパー脱毛は可能?出産後の再開タイミングも確認

通っているサロンの脱毛で、ムダ毛がなくならない方や、
”価格”、”スピード”よりも、効果重視な方に!

>> 【TBCスーパー&ライト脱毛】終わりのある脱毛1回体験プラン1,000円




妊娠中は脱毛コースの利用ができません

TBCのスーパー脱毛は妊娠中はサービスが受けられません。

授乳期間中もホルモンバランスが崩れやすいため、サービスをストップします。

TBCでは妊娠中はサービスの延長ができるようになっており、休会扱いになります。

これはサロンだけでなくレーザー脱毛を実施している皮膚科や美容形成外科でも同じです。

ホルモンバランスが崩れやすく濃い毛が生えてきやすくなるので脱毛の意味がなくなる、肌や体に負担がかかることがあるという理由によるものです。

痛みによる刺激やストレスが母体に負担となる以上に、万が一のトラブルの場合に対応できないという理由があります。

授乳中も脱毛コースの利用はできません

妊娠ではなく出産後にTBCではスーパー脱毛コースを再開することができますが、乳輪回りや脇、胸はサービスを受けることはできません。

出産後3か月でTBCのスーパー脱毛コースを再開できるという前提になっていますが、授乳中の場合は施術を禁止しています。

美容形成外科や皮膚科でも授乳中はサービスを禁止しているところが多いのが特徴です。

脱毛による痛みがストレスになる、体がだるくなる、母乳の出が悪くなるというのが主な理由で、ホルモンバランスが崩れやすいので妊娠中と同じく効果が出づらい、万が一の時に治療ができないという理由が挙げられます。

安全性から乳幼児の同伴を許可しているサロンはありません。

母乳ではなくミルクで育てているから大丈夫という場合でも1年くらいは休会して離乳期になってから再開するのがおすすめです。

妊娠に気が付かないまま施術を受けていた場合

TBCのスーパー脱毛コースはサロンの光脱毛と同様に、妊娠していることに気が付かずに施術を受けていた場合でも、子宮までレーザーが届くことはないので問題はありません。

有効期限が切れてしまうという心配をするかもしれませんが、妊娠した場合には大手サロンや医療機関ではレーザー脱毛の施術を禁止していますから、休会扱いにしてもらえます。

いつから再開できるのかは授乳期間がどれくらいになるかによっても個人差が出ます。

出産、授乳が落ち着いたときにTBCに連絡をすればスーパー脱毛コースを再開できます。

あくまでプランの延長であり、会員資格の延長ではありませんので、サロンに問い合わせておくことが大切です。

妊娠中、授乳中は肌が敏感になります

痛みがなければ妊娠中、授乳中でも脱毛すればよいのではと考えてしまうかと思いますし、実際にTBCではないサロンは妊娠中でも全身脱毛を実施しているところがあります。

今まで脱毛で痛みを感じたことがないから大丈夫という人でも妊娠中や授乳中はホルモンバランスが崩れやすいので、普段より肌が敏感になっています。

痛みを感じやすくなりますし、肌トラブルを生じる可能性が高いのです。

また乳腺の発達を促し、乳汁を分泌するプロラクチンという多毛症や毛が濃くなるというホルモンが分泌されますので施術をしても毛が濃くなるという場合があるのでTBCだけでなくほかのサロンや医療機関でも脱毛サービスを禁止しているのです。



通っているサロンの脱毛で、ムダ毛がなくならない方や、
”価格”、”スピード”よりも、効果重視な方に!

>> 【TBCスーパー&ライト脱毛】終わりのある脱毛1回体験プラン1,000円

SNSでもご購読できます。